自己処理前に知っておこう!むだ毛処理トラブルの原因と対処法

埋没毛の原因と対処の仕方

ムダ毛を処理している方に発生しやすいトラブルとして、埋没毛があります。皮膚の外側に伸びる毛が皮膚の中で伸びてしまうことで、黒いブツブツのように見えてしまうのが特徴です。毛を深剃りした際に肌表面より低いところで切れてしまうことにより、発生しやすくなっています。また、毛が根元のほうから抜けず切れてしまった時や、毛穴がふさがれてしまった時にも埋没毛はおこりやすいです。

このようなトラブルを解決するなら、無理に毛を出そうとせずに放置しましょう。早く外に出したい場合は、肘や膝などの乾燥しやすいところで埋没毛は発生しやすいため、お風呂あがりに水分補給や保湿ケアするとよいです。毛抜きやカミソリを無理に使わないことが、予防につながります。

毛穴が炎症してしまった場合のケア

自己処理で毛を処理していると、毛穴が傷ついて雑菌が入り炎症してしまうことがあります。炎症がひどくなってしまうと、大きくはれたり熱をもってしまうことも多いです。ひどい時には痕が残ることもあるので、適切なケアをして悪化しているなと思ったら早めに皮膚科に行きましょう。

まず、このような炎症を予防するために大切なのは、肌の乾燥を防ぐことです。毛抜きやカミソリを使う前に、刺激をなるべく減らせるよう肌を保湿クリームケアで保護してから自己処理することをおすすめします。処理した後も保湿をして雑菌が入らないようケアしましょう。また、カミソリなどを清潔な状態で管理しておくことも重要です。

むだ毛の自己処理で悩んでいる方は、新宿の脱毛サロンでしたらフラッシュ方式で、痛みもなく快適に処理できます。