レーザー脱毛のメリットとデメリットを比較

一番のメリットは肌への負担が無くなる

レーザー脱毛を受ける前は、全身のムダ毛処理を手作業で行わなければいけませんでした。肌が弱い方はカミソリ負けしてしまいますし、一度荒れてしまうと、日にちを空けなければカミソリで処理しづらくなります。
レーザー脱毛の場合、肌にあまり負担をかけずに毛が細くなっていくため、ムダ毛処理が日を追うごとに楽になります。また、深剃りの必要もなくなりますし、毛穴が小さくなるため肌の負担が減ります。カミソリで傷ついた肌の再生期間はムダ毛処理をしないほうがよく、脱毛で毛の周期が遅れるため、肌の再生が間に合うのです。2回目あたりから毛が見てわかるくらい弱々しくなってくるため、モチベーションアップにもなります。

毛の濃さは痛みになる

女性はVラインやIライン以外の毛は薄いため、あまり痛みを感じることはありません。脱毛を受ける男性の多くは髭を脱毛します。
レーザーは黒色に強く反応するため、髭が濃いと痛みが強くなってしまいます。一般的に女性の脱毛で一番痛いVラインの脱毛が輪ゴムを軽くはじく程度の痛みと言われています。男性の脱毛で一番痛いとされる鼻の下は輪ゴム2つ重ねて思い切り弾く痛みと同じくらいです。
このようにデメリットとして紹介しましたが、物理的な攻撃で尾を引く痛む輪ゴムとは違い、レーザー脱毛の痛みは尾を引きません。一瞬の痛みだけで済むため、レーザー照射後は何もなかったように過ごすことができます。
どうしても痛みを我慢できないという方向けにクリーム麻酔を用意してあるクリニックもあります。

脱毛サロンとは、マシンを使用して無駄毛処理のエステを受けられる場所です。パーツや回数などで、コース料金が決まっているサロンが多いです。